カテゴリ:カメラ周辺機材( 24 )

RICOH GR DIGITAL III 年間撮影枚数

昨年に引き続き GR DIGITAL IIIの年間撮影枚数を数えてみました。
a0126203_23324855.jpg
去年のGRD IIIで撮った撮影枚数は、2833枚(2014年1月から12月までの1年間でした)
2015年1月から、2016年4月末までの16か月間のカウントになりますが、
《トータル枚数》
19424枚(これまでシャッターを押した回数) 去年の数値は 16903枚
 474枚(これまでストロボで撮影した回数) 去年の数値は   458枚
《2015年1月から2016年4月末までの16か月間で》
2521枚(16か月間)
 16枚(16か月間)

そのうち撮影する回数が、土日と祝日程度なので 年間のお休みが120日、
1月から4月までのお休みが40日とすると160日
2521÷160= 15.7枚(1日あたりの撮影枚数)

去年と比較すると 32%ほどアクティビティが下がってしまったことになります。
昨年はちょっと忙しかったのと、PENTAX K3などの一眼レフのほうでの撮影にウェイトを
置いていたこともあるのかな2011年1月に購入してからというもの5年が経過していますが
まだまだ使えそうな感じです。 

GRDのいいところは、単焦点レンズを搭載している点、私の場合JPGでの撮影しかしませんが、
それでも、くせのないナチュラルな描写がとてもいい。
加えてGRDを持ち歩いていても、古臭さを感じさせないデザイン(これは個人差が当然あると思います)が
一つの文房具のようにも思えるのであります。

それではまた。

[PR]
by yasube01 | 2016-05-06 23:46 | カメラ周辺機材

いろんなタイプの充電器

今使っている、デジカメの充電器。みなバラバラ。形も、電圧も、容量も・・・
携帯電話と同じで、みんな違うんだよなぁ。

最近では、同じメーカーのもので機種は違えど互換のあるようですが、
USBコネクタみたいなかたちで、ほぼほぼ同じような仕様になっていただくと、
いざっていうときにも 安心なんですけどねぇ。 利用者の苦言でございます。
a0126203_21421119.jpg
左から、リコー、富士フィルム、ペンタックス、キヤノンの各種充電池(上)と充電器(下)


[PR]
by yasube01 | 2015-01-28 21:47 | カメラ周辺機材

カシオデジカメ QV-200

私のカメラ遍歴 初のでじあるカメラを手にした機種
カシオのQV-200. 

年末に部屋の片づけをしていたら出てきましたので、ちょいと思い出しがてらに・・・。

このデジタルカメラ、1997年7月11日に発売されたもの。当時の価格は50,000円
まだ銀塩(フィルム)カメラ優勢の頃なので現在の地位は得られず、
できることは限られていてパソコンに取り込んで少しだけ加工されていた。

1997年というとインターネット上でホームページを作成する人も多かったのでは?
このようなデジタルカメラの登場によって、スキャナを必要とせず、ダイレクトに
アップできるのは手間いらずだったかもしれません。

画質はお世辞にも 良いとは言えないものでしたが、自撮りができるなど
フィルムカメラにはないデジタルカメラならではの独自性がおりこまれていました。
a0126203_10361594.jpg
a0126203_10392204.jpg
a0126203_10394203.jpg
a0126203_10395859.jpg
a0126203_10401583.jpg
QV-200 CASIO


[PR]
by yasube01 | 2015-01-12 19:32 | カメラ周辺機材

年間撮影枚数 2833枚(GR DIGITAL III)

SH→ シャッターを押した回数
ST→ ストロボ撮影をした回数

と言われています。(本当だと思いますが・・・)
PLAYボタンを押しながら、マクロボタンを押し続けると表示されます。

年間撮影枚数 2833枚

2014年1月から12月までにコンパクトデジタルカメラ
GR IIIで撮った枚数です。 結構撮ったのかな。なんて
思いつつ、年間にかかったコストをフィルムの時代に置き換えて
試算してみました。


年間の土日・祝日を含めた休日が120日とすると 
休日には1日あたり、23枚は撮っている計算になります。

たまたまGRで撮っていた枚数がこれでミラーレスカメラや、
フィルムカメラ、ほかのコンパクトデジカメ、iPhoneを加えると、
40枚ぐらいは撮っているという計算。

1本36枚撮りのISO400のフィルムをフィルムカメラで年間120本撮って
現像したらいくらになるでしょう。

(1)《ネガカラーフィルム代》
    3,127円(36枚撮り、5本パック)×24set = 75,048円

(2)《CDに焼いた場合》
   (現像+CD)1,010 × 120本分 = 121,200円
    
   合計 (1)+(2) = 196,248円

フィルム時代はこんなにかかるんですね。
写真は本当に身近なものなりましたね。

それでは。


[PR]
by yasube01 | 2015-01-04 17:35 | カメラ周辺機材

私のカメラ遍歴をまとめてみました。フィルムからデジタルへ

私のカメラ遍歴まとめ
カメラは私のビタミン剤。初めて手にした全自動カメラからまとめてみました。
a0126203_10470254.jpg
1)フジカ オート7 デート
  (富士フィルム)

   ・1981年(昭和56年)10月 発売
   全自動カメラ。フィルム式
   当時はキヤノンのAUTO BOYに人気があったようですが
   かなりいい写りをしてくれました。単焦点カメラでレンズがよかったからなのかも。
    
2)オリンパスXA2
  (オリンパス光学)

   ・1980年6月発売 (入手したのは1987年頃中古で購入)
   フィルム式 オートカメラ
   巻き上げが手巻き。デザインがなんともいえず格好いいカメラでいつかは手にしたいと
   思っていました。 しかしながら出番は少なくすぐに手放してしまいました。

3)NIkon FE-2 (35~105mm)
(ニコン)

   ・1983年(昭和58年)3月発売 (入手したのは 1988年頃中古で購入)
   学生時代に大活躍したカメラです。ニコンを選んだ理由は露出計やらシャッターなどで利用する際の
   電池の持続力が他社機と比較して高いこと。そして頑丈なボディは信頼性の証だったのかもしれません。


4)コニカ BiGmini BM-201
  (小西六)

   ・1990年(平成2年)8月 発売
   全自動カメラ。フィルム式
   このカメラは今でも、手に持っています。KONICAレンズ35mm(F3.5)を搭載した
   単焦点レンズの写りが秀逸でした。 ミニ三脚と一緒にベイブリッジなどの夕焼けを
   撮ったのを覚えています。コンパクトカメラでよくこれだけ写るものだと感心したものでした。


第一弾はここまで。機会をみて第二弾をアップしたいと思います。


[PR]
by yasube01 | 2015-01-04 11:06 | カメラ周辺機材

OLDカメラ(ヤシカエレクトロ35)

2014年が終わろうとしています。一年お付き合いいただきましてありがとうございました。

私の好きな写真とカメラのサイトが続けられていることに感謝しております。 拙い写真と記事ではありますが
来年もどうぞよろしくお願いいたします。 

さて、このカメラご存知ですか?  私の実家で使われていたカメラなのですが、かれこれ40年以上も前のものです。
Wikipediaで検索してみると、1970年に発売されたものだとか。

メーカーは、ヤシカ。写りのいい明るいヤシンレンズを搭載した
レンジファインダー機。 レンズは取り外しがきかないので、一眼レフの
ような望遠レンズや広角レンズといった楽しみ方はできませんが、むしろ
このカメラで、「自分で寄る」、「自分が一歩さがる」なんてことで、構図を覚えたカメラなのです。
YASHICA のロゴと左上のエレクトロを彷彿させることデザイン
a0126203_07474876.jpg
このカメラの全貌。フィルム巻き上げの指のあたりがとてもいいのです。
シャッター音や、巻き上げのトルク感覚も秀逸です。
a0126203_07480338.jpg

a0126203_07481525.jpg
バルブ、AUTO、フラッシュと極めてシンプルなモード設定
↑露出を開けたり、絞ったり適正露出をこのインジケータで把握します。

a0126203_07484958.jpg
ヤシカエレクトロ35がシリーズ化されていその中の1機種であること初めて認識(GS機)


 


[PR]
by yasube01 | 2014-12-31 07:58 | カメラ周辺機材

Eye-Fi (アイ・ファイ)という名のすぐれもの

SDカードの中に通信機能を有しているEye-Fi(アイ・ファイ)
今では、デジタルカメラからスマートフォンにデータ転送など
簡単にできるようになりましたが、数年前はそんな夢のような
ことはできなかったんですよね。

僕のデジカメも通信機能が無いので、このカードに頼って
スマートフォンにデータを送って、加工などしてFaceBookや
InstagramなどのSNSにUPしています。

もっと通信環境が便利になるとカメラライフも楽しめますね。

a0126203_17382241.jpg


Eye-Fi
[PR]
by yasube01 | 2014-02-11 17:38 | カメラ周辺機材

CONTAX T3 ファインダーから覗く楽しみ

a0126203_18541157.jpg


フィルムカメラのいいところは、ここなんです。
ファインダーから覗く楽しみ。

これにつきますね。というこのカメラのサポートも2015年で終了です。

そういえば、FaceBookにもページ作りましたのでよろしければ見てくださいませ。

FaceBookページ(CONTAX T3)


CONTAX T3
[PR]
by yasube01 | 2013-06-30 18:59 | カメラ周辺機材

フィルムを現像に

a0126203_2210354.jpg

2013年初めての現像をお願いしてきました。

・フィルムをお店にもっていって


 「現像とCDでお願いします。」

 でそのコストはというとですね、

 現像料金630円、CD料金 380円 =合計 1,010円
 36枚撮りの場合、1枚当たり28円。
 24枚撮りの場合、1枚当たり42円。
 その差、14円(おー、結構ランニングコストに影響あるなぁ)

 多少フィルムが高くても36枚撮りを買うようにしております。

 CONTAX T3
[PR]
by yasube01 | 2013-01-26 22:18 | カメラ周辺機材

マンフロットのカメラケース(カメラポーチ)購入

マンフロットといえば老舗の三脚メーカーで
素敵なデザインでカメラ量販店でも癒される存在なのだが

先日、新宿のビックカメラでカメラケースを衝動買い
してしまった。カメラケースといってもコンパクトデジカメ
が入るくらいの大きさ。

ナノ・カメラポーチ 2型/黒 
マンフロットの製品サイト
a0126203_9561141.jpg

いつでるのかなぁと思いながらも、あまり眼中に無かったので
見つけたときは即買いになってしまいました。

昨日的には、マジックテープで留めてあり。
蓋の開け閉めがとても楽。
a0126203_9564648.jpg



間口が大きいので、手の大きな方にも扱い設計になっている。
a0126203_95785.jpg


裏側はベルト通しが付いている設計。
a0126203_9574834.jpg


色も、黒のほかカーキ、白と三種類から選べるし
このポーチの大きさのバリエーションも複数あるようで機材に合わせて選べるのが
楽しい。 しばらく、隠れマンフロット熱は冷めそうにない。
[PR]
by yasube01 | 2012-12-29 10:00 | カメラ周辺機材